一目でわかる!常盤台外科病院の、看護師一人ひとりが長く働ける理由

カウンセリングルームを設置。
職場の悩み、不安をいつでも、気軽に相談できる環境です。
育児と看護の仕事を両立しやすい。
育児や出産による早退・休暇に協力的な職場です。
有給休暇しやすい職場です。年1回、10日間の休暇制度あり。
病院側が必要な休暇を取るよう積極的に配慮。
研修の費用は病院が負担。
集合研修、院外研修でキャリアアップをはかれます。
病院から徒歩5分の社員寮完備。
通勤も便利です。

病院について

常盤台外科病院が「皆さんと共に実践したい看護」があります。当院が実践する「地域密着の看護」

安心してこの地で暮らし続けることができる「お一人お一人に寄り添う看護」

常盤台外科病院は昭和35年に開設されて以来、地域に密着した医療・看護を提供し、二次救急指定を受けている準総合病院です。

病院以外にも当院が所属する朔望会は、ケアセンター、訪問看護ステーション、訪問介護、デイサービス、介護老人保健施設、居宅介護支援事務所、クリニック、特別養護老人ホームなどを保有し、その規模と設備を活かし、救急看護から社会復帰まで、今日も様々な場面で多くの看護師が、知恵と経験を活かし活躍しています

当院は、地域の皆様が最後まで安心してこの地で暮らし続けることができるようサポートしていきたいと思っています。これからも「お一人お一人に寄り添う看護」に努め、地域の皆様にいつまでも親しまれ、信頼される病院でありたいと願っています。


現場で働く私たちが、伝えます!一人ひとりの看護師が長く働ける職場です!

「地域密着の看護」を実践する常盤台外科病院では、その第一線で活躍する看護師の、職場環境への配慮を欠かしません。新人看護師からベテラン看護師まで、様々なキャリアの看護師が、それぞれの役割を最大限に発揮できる制度や設備、協力体制を整え、一人ひとりの看護師が長く働くことができる職場づくりを日々、取り組んでいます。

スタッフ・ケアの充実

専任カウンセラーによって職場の悩み、不安を解消し、一人ひとりがお仕事に専念できる職場です。

当院では、新人看護師から中途採用の看護師まで、様々なキャリアを持つ看護師が働いています。一人ひとりの看護師が、早く現場に順応し、知識と経験、役割を発揮してもらえるよう、気軽に相談できるカウンセリングルームを設置しています。
専任カウンセラーと1対1で相談できる時間を定期的に設けて、職場での不安や悩み、思い込みを早期に解消して、気持ちよく仕事に専念できる環境が定着しています。

また、カウンセリングルームを設置したのは、看護師たちに現在の職場環境に対しての意見や希望をリサーチしたことがきっかけでした。このようにして、当院では、環境改善に向けて、一部の上層部だけの視点ではなく、現場スタッフ一人ひとりの声を聞き入れて制度化しています。

地域密着の看護を実践するためには、看護師一人ひとりが快適に働けることが第一です。当院は、そのための努力と実践を現場スタッフと伴に行っています。


皆さんへメッセージ:中規模病院ならではの、幅広い看護のお仕事ができる職場です。

当院は中規模の病院ですが、看護の専門力を求める大規模病院と比較して、幅広い看護業務に対応できる能力を求めます。ですから、これまでに専門性を磨いてきた看護師の方は、そのキャリアを軸に、幅広い看護業務のスキルを身につけることができる職場です。また、新人の看護師は、看護全般のスキルを経験できるので、次のステップに向けて土台作りとなる最適な職場だと思います。
皆さんからのご応募を心よりお待ちしています。

育児・出産のフォロー体制

この病院で働きながら2人の子供を出産しました。周囲が育児に、とても協力的なんです。

私は結婚を機に、常盤台外科病院に移ってきました。入った当初は、お腹に子供がいたのでパートとして勤務していましたが、ある時、常勤で働くことをすすめられました。

ただ当時は、すぐ体調が悪くなるので、気が進まなかったのですが、上長が、私の体調管理に合わせたシフトを組んでくださったんです。私はその心遣いが、とても嬉しくて、この病院でなら長く働けると思い、常勤で働くことを決めました。

それから、私は働きながら2人の子供を出産しました。出産後の職場復帰もしやすかったですし、育児が大変な時期や、子供の体調が悪いときには、早退や当日の有給休暇も快く認めてもらえました。また、何よりも安心できたのは、周囲のスタッフが育児に協力的だったことです。だから、育児や看病にも専念することができました。
育児と看護の仕事を両立したいと考えている方には、とても働きやすい職場です。


皆さんへメッセージ:良いことを積極的に取り入れていく、働きやすい病院です。

この病院は、医療の新しい体制や制度についても積極的に情報収集を行って、看護の質の向上と、働きやすさを両立して、取り入れていく仕組みが定着しています。例えば、平成20年度の診療報酬改定に伴う、10対1の看護体制導入では、事前に研修会を入念に実施して、現場に知識を浸透させた上で体制を開始しました。なので、私たちは戸惑うことなく新体制を受け入れることができました。
このように、現場を良くしていくためには、積極的に受け入れる病院なので、応募される看護師で、既にキャリアをお持ちの方は、ご自身の知識や経験は、どんどん共有していただきたいなと思います。また、こらから経験を積んでいく新人看護師の方も、そのようなベテラン看護師と仕事をする中で、とても刺激になる職場だと思います。皆さんのご応募を心よりお待ちしています。

ワーク・ライフ・バランスに 配慮したシフト調整

休暇を取りやすいので、家族への時間も確保できます。だから、働きやすいんです。

私は現在、1歳と8ヶ月の子供がいますが、たびたび体調を崩すことがあります。共働きですし、そのようなときは、どちらかが子供の看病をしなければなりませんが、この病院は、子育てに理解がある職場なので、急な休暇でも調整してもらえることが多く、家庭との両立がしやすく安心して勤めることができます。

又、有給休暇については、積極的に消化できるよう配慮してもらえます。ですから、ここで勤務するスタッフの有給消化率はほぼ、100%に近いと思います。

もう一つは、この病院では、有給休暇を使用し、年に1回、10日間の休暇を取れるようシフト調整をしてくれるので、旅行や実家へ帰省したい場合にはとても便利です。十分な休暇をとってこその看護の仕事ですし、家族のための時間もしっかり確保できるので、この病院は、長く働ける職場だと思います。


皆さんへメッセージ:地域密着の看護と働きやすさを両立できる数少ない病院です。

私が板橋区で、就職先の病院を探している時に、数ある中で常盤台外科病院を選んだ理由は、収入の面など諸条件はもちろんありますが、地域密着の医療を心がけた理念に共感したことも理由の一つでした。入職してからも、現場の看護体制を通じて、病院が理念に誠実であることを感じました。理念を実践するためには、地域の患者様一人ひとりに対して平等なケアが必要ですが、常盤台外科病院では、看護師が病棟が変わっても、各病棟に主任がいて、一定レベルの看護ができる指導体制が整っているからです。それが、どの病棟に移っても安心できる、私たちの働きやすさにもつながっています。
地域密着の看護と働きやすさを両立できる病院で、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

お一人お一人に寄り添う「地域密着の看護」を私たちと実践しませんか?

Comments are closed.